読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小鳥養成所「飛び立て小鳥プロジェクト!」

世の中にはたくさんの小鳥さんがいます。そんなたくさんの小鳥さんの観察記です。ゆる~い脱力感バリバリのブログです。

小鳥No01「できない小鳥さん」

どうもみなさん、おはこんばんちは('◇')ゞ

今日も元気な北陸の狂犬、ヨッチです!

最近暑くなってきましたね、デブとターボエンジンは熱に弱く、毎日僕から大量の旨み成分が流れ出しています( ;∀;)笑

※だから肌がカッサカサ、スマホもたまに反応しないんだぜい(涙)

 

さて今日ご紹介する小鳥さんは、「できない小鳥さん」です。この小鳥さんと出会ったのは何年か前の年末でした。絵をよく描いている小鳥さんに、生徒会で発行する機関誌の挿絵を描いてくれないか?と依頼したところ、

「描けません。」

エヴァンゲリオン綾波レイばりに即答するではありませんか!

「嘘こけ、この野郎(-_-メ)」と思いながらも、「どんなのでもいいから、一回描いてみてよ(*´ω`)」とお願いし倒すこと十数分…

「一応描いてみます」

とこれまたエヴァンゲリオン碇シンジ君ばりの返事をして帰っていきました。

 

次の日

 

小鳥さんが絵を描いてきたというので、見てみました。するとそこにあったのは…

何ということでしょう( ゚Д゚)匠の力によってとっても素晴らしい挿絵がそこにあるでは ありませんか!

私はしばらく絵を眺めた後、小鳥さんに問いかけました。

「こんなに上手に描けるのに、なぜ昨日は描けませんって言ったの?」

すると小鳥さんは

「こんなのだったらどれだけでも描けるけど、最初はめっちゃ上手な絵を期待されていると思ったから…」とのことでした。

う~んどうも最近の若い小鳥さんは自分に自信がないことは、到達可能な範囲であってもできないことになっちゃうようです ナヌーーーーー( ゚Д゚)-------

それってめっちゃ損してるよキミ…(T_T)

それってできないんじゃなくて、(挑戦することを)やらないだけじゃん!できないとやらないでは雲泥の差があることを小鳥さんに語り、小鳥さんは巣に帰っていきましたとさ。

 

これって自分も気をつけなきゃダメだなって思いました。何かをする時、「時間がないから無理」「そんなことできるわけない」と言ってしまいがちですが、そんなことを言ってたら何もできないですよね~

 

やっちゃえオッサン!

 

ただこれが言いたかっただけです(笑)

 

今日も落ちなし、ネタなし、写真なしのそんな三拍子そろった投げ放しジャーマン的ブログでした(*'ω'*)